読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局最後に笑うのはスキンケアマニア

通販大好きママがちょこちょこと書きためた美容とか健康維持の情報を毎日書き出しています。

気が向いたのですべすべ美肌になるケアの事を調べてみました。

素人ですが、書物で探した限りですが、「美容に詳しい人のアドバイスとして「化粧水をちょっぴりつけても効果はない」「豪快に浴びるように使うのが理想的」なんて聞くことがありますね。試してみると確かに化粧水の使用量は足りなめの量よりたっぷりの方がいいと思われます。」と、公表されているみたいです。

本日色々集めていた情報ですが、「皮膚のタンパク質の70%がコラーゲンによって占められ、肌細胞の隙間を満たすように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワやたるみのない滑らかな肌を保ち続ける真皮を組成する中心の成分です。」と、いわれているそうです。

それはそうと最近は。乳液とかクリームをつけずに化粧水だけをつける方もいらっしゃると想定されますが、このケア方法ははっきり言って大きな誤り。保湿をきっちりとしないためにむしろ皮脂が多く出たりニキビが発生したりすることがあるのです。」な、いう人が多いとの事です。

私が検索で集めていた情報ですが「よく聞くプラセンタという言葉は英語でPlacentaと表記し胎盤を指すものです。化粧品や健康食品・サプリで最近頻繁にプラセンタを贅沢に含有など見かけたりしますが、これ自体胎盤自体のことを表すわけではないのです。」な、提言されている模様です。

なんとなく検索で探した限りですが、「ほとんどの市販の化粧水などの基礎化粧品や健康食品・サプリに配合されているプラセンタは馬や豚が原料になっているものが使われています。気になる安全性の面から他の動物を原料としたものと比較して、馬や豚が由来のものが確実に安心です。」と、結論されていらしいです。

さて、最近は「よく知られている高機能成分セラミドにはメラニンの合成を女性の大敵であるシミ・そばかすを予防する有難い美白作用と肌への保湿により、肌の乾燥や小じわ、キメの乱れなどの肌の悩みを防いでくれる優れた美肌効果があるのです。」のように解釈されている模様です。

本日文献で探した限りですが、「丁寧に保湿をして肌の様子を正常に整えることで、紫外線の吸収をコントロールし、乾燥が元で引き起こされる沢山の肌のトラブルや、この他にはニキビの炎症が肌に残った跡が色素沈着を起こして黒っぽくなってしまうことを未然防止してくれることも可能です。」のようにいわれているみたいです。

本日サイトで調べた限りでは、「保水作用を持つヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンから構成されたネットワークの間を満たす形で分布しており、水分を維持する働きにより、みずみずしく潤いにあふれたハリのある健康的な美肌へ導いてくれるのです。」と、結論されていとの事です。

素人ですが、色々集めていた情報ですが、「保湿のポイントになるのは角質層の水分量に他なりません。保湿成分が贅沢に使われた化粧水で角質層を奥深くまでうるおし、補充した水分量が出ていかないように、乳液とかクリームをつけてしっかりとふたをして水分を閉じ込めましょう。」のように解釈されているようです。

ともあれ私は「化粧水を吸収させる際に、目安として100回手でパタパタとパッティングするという説がありますが、このような方法はやらない方がいいです。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が破壊されつらい「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。」のように提言されている模様です。