読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局最後に笑うのはスキンケアマニア

通販大好きママがちょこちょこと書きためた美容とか健康維持の情報を毎日書き出しています。

本日も何気なくきれいな肌を保つケアの要点をまとめてみました。

今日文献で集めていた情報ですが、「本音を言えば、美肌効果を手に入れるためにはヒアルロン酸を1日に200mg程度摂取し続けることが一番いいのですが、ヒアルロン酸を含有する食品や食材はそれほど多くなく、毎日の食事から体内に取り入れるというのは想像以上に難しいのです。」と、公表されているとの事です。

それはそうと私は「水以外の人間の身体のおよそ50%はタンパク質によって占められていて、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンの持つ大切な役目として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを構築する構成部材となって利用されるという点です。」だといわれているそうです。

今日サイトで探した限りですが、「流行のプラセンタは化粧品や美容サプリメントに用いられているということは相当認知されていることで、新しい細胞を作り出し、新陳代謝をアップさせる働きによって、美容や健康などに並外れた効能を十分に発揮します。」な、いわれている模様です。

ようするに私は「人気抜群の美容液というのは、美容成分をできるだけ濃縮して、高い濃度で入れた抽出物で、全ての人にとって、どうしても欠かせないものというわけではないと思われますが、使用するとあくる日の肌のハリ感や保湿感の差に心地よいショックを受けるかもしれません。」な、いう人が多い模様です。

私が検索で集めていた情報ですが「体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が最大で、30代に入ると急速に少なくなり、40代を過ぎる頃には赤ちゃんの頃と比較すると、ほぼ5割まで減り、60代を過ぎると著しく減少してしまいます。」と、公表されているらしいです。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「化粧水というものにとって大切な機能は、単純に水分を浸みこませることではなくて、肌がもともと持っている活力が正しく働けるように、肌の健康状態を調整することです。」だと解釈されているとの事です。

素人ですが、文献で調べた限りでは、「傷つきやすい敏感肌や水分が足りない乾燥肌でどうしたらいいかお悩みの方にお伝えすべきことがあります。あなたの肌の質を更に悪化させているのはもしかすると今使用中の化粧水に含まれているよくない添加物かもしれません!」だと考えられているそうです。

それじゃあ私は「 最近よく聞くプラセンタとは英語でPlacentaと綴り胎盤を指します。化粧品や健康補助食品などで最近頻繁にプラセンタをたっぷり配合など見かけたりしますが、これは胎盤という器官そのもののことを示しているのではないので不安に思う必要はありません。」だと解釈されているみたいです。

私が色々みてみた情報では、「「無添加が売りの化粧水を選んで使っているから大丈夫なはず」と楽観している方、その化粧水は実際に無添加なのでしょうか?知らない人も多いと思うのですが、多くの添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」ということにして咎められることはないのです。」のように考えられているそうです。

ともあれ私は「満足いく保湿で肌状態を整えることにより、紫外線の吸収をうまくコントロールし、乾燥が引き起こす多様な肌のトラブルや、加えてニキビの痕跡が色素沈着を起こすことを予め防御してくれることも可能です。」のように公表されているらしいです。